雨漏り修理は自力でもできるのか?

新築した時にはピカピカの家も、長く住み続けていると、経年による劣化がいたるところに発生してきます。

こうした家の傷みやトラブルは、そのままにしておくと見苦しいだけでなく、家を使う上で大きな支障をきたすことにもつながります。屋根や外壁といった、外気に晒されている外構部分は、他の箇所に比べてどうしても劣化の進行が早くなるのが難点です。そうした外構部分のトラブルの中でも、厄介なものの一つが屋根の痛みによる雨漏りです。屋根に使用されている瓦やスレートなどは、経年劣化や積雪などの重みによってヒビが入ったり、建材がずれてしまうなどのトラブルを起こすことがあります。

こうした状態になっていることに気づかず、そのままにしておくと、そこから雨水が侵入してしまい、室内に雨漏りを起こしてしまいます。室内に水が垂れてくるというのももちろん問題ですが、屋根裏に雨水がたまってしまい、カビが生えたり屋根裏の建材が腐食することで、家の寿命を縮めてしまうということも忘れてはいけません。そのため、雨漏りに気づいたらすぐに修理をすることが大切です。

瓦やスレートがずれている程度であれば、自力での雨漏り修理をそれほど難しくはありませんが、屋根材を交換する必要がある場合には、素人では雨漏り修理が難しくなります。たとえ自力で雨漏り修理ができるとしても、高所での作業となるため、落下などの危険性もあります。傷みの程度にもよりますが、無理に自力で直そうとせずに、プロの業者に相談したほうが安全かつ確実です。
詰まりと漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *