雨漏りの修理費用を火災保険で賄う場合の注意点

雨漏りの修理費用は、雨水の漏れに気がついて修理を決断する時期が遅くなればなるほど、損傷がひどくなるため高額になります。

このときに考えられるのが、火災保険の補償金で雨漏りの修理費用を賄うことですが、この方法で自宅の補修を行う場合にはいくつか注意すべき点があります。まず、雨水が漏れるようになった原因が老朽化や施工不良によるものだった場合は、火災保険を適用させることができないため、雨漏りの修理費用は全額自己資金で賄う必要があります。火災保険は、自然災害や外部からの衝撃が原因に含まれる場合に適用させられるものであり、雨水の漏れの原因もこの要件に当てはまらなければなりません。

しかし、この要件にあてはまるのであれば、自然災害で直接被害を受けた場合はもちろん、自然災害が間接的な事故原因となる場合でも補償金が支払われます。また、加入している火災保険が家財も補償の対象となっている場合は、火災保険の適用対象である雨水の漏れで家財が被害を受けた場合も補償を受けられる可能性があります。火災保険を適用させる場合は、被害を受けた日から3年が経過すると時効となってしまい、補償の請求ができなくなってしまうという点にも注意が必要です。

火災保険を適用させようとする人の多くは、被害を受けたことがわかった時点ですみやかに損害保険会社に請求の手続きを行うので、時効について考えが及ぶことはほとんどありませんが、請求期間についてこのようなルールがあることは留意しておきましょう。また、損害保険会社によっては損害額が一定の基準を満たしていなければ補償を行わないとしている場合があるので注意が必要です。雨漏りの修理費用は、専門の施工業者に正確に見積もってもらうようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *