雨漏りの修理費用について

いつもはしないのに長雨だと起こったり、大雨やいつもと違った方向から風が吹いている雨の際にだけ雨漏りするなどなぜ起こっているのかわからない雨漏りはあります。

そういう場合にはしっかりと原因をつきとめるのが一番で、家を建てた業者だけでなく、第三者にも見てもらう事で明確に雨漏り原因を特定する事が望ましいです。そうする事で雨漏りが確実に止まるだけでなく、その修理費用も負担しなくていい場合もあります。雨漏りが起こる原因にはいろいろな物があり、屋根材の破損や防水性が無くなりそこから入ってきたり、谷部分の板金に穴が開くなど様々な要因が考えられます。

しかし、これらの原因の場合には屋根部分に異常がある為、雨が降るたび雨は進入してきます。こういった場合の修理費用はいくら施工時に頑張っても防げない物なので依頼者負担になりますが、原因は突き止めやすいです。しかし、長雨の際だけとか、雨が降っていていつもの風向きと違う際にだけ進入している物ついては新築施工時やリフォーム時の工事に何らかの不備があり起こっている可能性があります。

専門の業者に原因をしっかりつきとめて貰うのは勿論ですが、その原因が施工時の不備の疑いがある場合にはその業者も含めてしっかり話し合うことが必要で、新築時は勿論、リフォームが原因である場合にも修理費用は施工業者に負担してもらう事が出来ます。せっかく高い費用で建てたりリフォームした家なのですから手抜き工事はしっかり修理してもらう必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *