雨漏りの修理費用は高い

急な大雨が降って、大切な家の天井からぽたぽたと水滴が落ちてきたら、慌てて水滴の処理をして雨が止むのを待つ、という人が多いかもしれませんが、水滴の処理と一緒に屋根の修理を早く考えることをおすすめします。

雨漏りがしている状態の屋根には、雨の水が入り込む亀裂や穴、屋根がはがれている部分などがあることが考えられ、大雨の場合には部屋の中にまで水分が侵入してきますが、少しの雨の場合には、部屋に入り込まずに屋根裏や天井裏にたまっている可能性が高く、普段見ることができない部分なだけに状況は深刻です。雨漏りがしている場合、屋根裏や天井裏、壁の内側などには水分や蒸気がたくさんあります。

水分を含んだ建材はとてももろく、劣化しやすかったり、カビやこけ、藻が生えてしまうこともあり、修理費用が高くなります。劣化が進んでいると、壁や天井、場合によっては床をはがして建材を取り替えることになるため、さらに高額の修理費用が掛かり、建て替えと変わらないくらいの修理費用になる場合もあるので、雨漏りを見つけたら、すぐに修理することが必要です。

雨漏りの高額な修理費用を掛けたくない場合には、家を傘のように守る役割がある屋根を定期的に点検し、早めのメンテナンスを行うことがおすすめです。屋根の塗り替えや補修は、一見高いように感じるかもしれませんが、雨漏りがしてしまってから修理するよりもずっと安い料金で、家を長持ちさせ、快適な生活を守ることができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *