スレート屋根の雨漏りを修理する手順

スレート屋根は、スレートが割れてしまうと雨漏りが発生してしまいます。

スレートの割れは、縦方向に割れる場合が多いのが特徴です。経年劣化しているところへ昼夜の温度差が激しくなったタイミングで割れてしまう場合があります。割れてしまってもスレートは防水性の高いコーキング剤で補修できます。コーキング剤は、コーキングガンと呼ばれている器具に、コーキング剤の入ったチューブを装てんして修理に使用します。コーキングガンもコーキング剤もホームセンターで販売されていますので、DIY感覚で購入して使用するのも良いでしょう。

注意したいのは、スレート屋根で雨漏りが発生した場合は、スレートの屋根に登ったときに、他のスレートを傷つけないように配慮することです。屋根の修理は基本的に工務店に依頼したほうが安全です。雨漏りの修理でスレートの補修工事だけで作業が終われば、工事費用も安く済みます。

スレートそのものを交換しなければならない場合は、スレートの価格も必要になり高額に感じられるかもしれませんが、新しいスレートは耐久性が高いので雨漏りの再発予防に効果的です。スレートは粘板岩なので加工しやすいのも特徴です。屋根を全面的に修理するのではなく、雨漏りしている箇所を部分的に補修できるので、修理工事の費用を抑制できる効果があります。スレートを分割して、部分的に交換することもできますが、あくまでも判断は工務店にお任せするのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *