漆喰の屋根で雨漏りが発生した場合の修理の手順

漆喰で施工されている屋根の一戸建てに住んでいて、雨漏りが発生してしまったら、すぐに工務店に連絡しましょう。

室内に雨水が落下している場合は、水をバケツやビニール袋に溜めるようにして、室内への被害を軽減させます。漏れ出てくる雨水が透明であれば、降っている雨が流れ落ちてきていると推測できます。漏れ出てくる雨水が茶色などに濁っている場合は、屋根裏や壁材などが雨水に溶け出ている可能性があります。漆喰は経年劣化で崩壊してしまう場合があります。漆喰そのものは耐久性が高いのですが、いったん何らかの原因で崩れてしまった場合は放置せずに、しっかりと修理してもらいましょう。

漆喰の屋根で雨漏りを放置してしまうと、崩れた漆喰の箇所が悪化して被害の拡大の恐れがあるからです。漆喰の崩れた箇所は、完全に除去してもらってから修理が開始されます。新しい漆喰を施工するには、葺き土も修理してもらいます。葺き土は漆喰の土台だからです。漆喰の土台である葺き土も崩れていると、雨漏りで流れ落ちてくる水の濁りも増してきますので、天井裏や壁材が汚れてしまいます。

汚れた箇所は清掃が困難な場合もありますので、できるだけ早めに修理を施工してもらいましょう。葺き土は、水で調整しながら漆喰とつなぎあわせていきますので、葺き土そのものを新しくすると雨漏り予防の効果を高められますし、耐久性も向上します。葺き土を整えてから、漆喰を塗布して固めます。漆喰の修理は、やや大掛かりな面積に及ぶ場合がありますが、耐久性は向上しますので、工務店の判断に従うのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *