修理しても雨漏りを繰り返すのはなぜ?

雨漏りが起こって修理してもらったのに、しばらく時間がたったら再び雨が漏り始めてしまった・・・こんなケースは残念ながらありえることです。

雨漏りがするといっても天井から雨水がしずくとなって滴り落ちるほどになるころには、家自体がかなりのダメージを受けてしまっている可能性は高く、住んでいる人が雨漏りの存在に気付く前から密かに状態は悪化していたことも考えられます。そして実際に目に見えてその影響が家の中に現れ、驚いてすぐに修理を依頼したのだとすれば、普通は対応としては正しい方法を選んでいるように感じられます。

でも、問題はこのその業者が雨漏りの本当の原因を突き止めることなく、一時しのぎの修理工事をしてしまうケースです。雨もりの本当の原因は実はひとつではなく、さまざまな要因が重なって起こっている事は少なくありません。屋根だけでなく、外壁が劣化していたり、サッシの取り付け部分から雨水が浸入することも考えられます。

雨もりに気がついてすぐに修理を頼んだにもかかわらず、再び同じような状況になってしまうことくらいストレスがたまるものはありません。その旅にまた修理を依頼しお金を払っても何度も繰り返し今度は別のところから雨が侵入してくるようなことが続けば、業者に対しても不信感を持ってしまいます。雨漏りを見つけたらすぐに対処することは重要なのですが、多くの実績を持つ信頼できる業者に工事を依頼してこそ意味があります。
トイレのつまりと漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *