トイレ交換時の機種選定について

最近はリフォームやリノベーション工事においてトイレ交換を実施するケースが増えており、トイレ交換時に最新のトイレを導入することで、費用面でメリットが得られる制度なども充実しています。

最新のトイレ機器は、従来の製品と比べて洗浄に必要な水量が格段に少なくなっており、1回あたりの洗浄に使用する水量は二分の一以下になるほど高性能になっています。このような節水型のトイレを導入することで、水道代の節約に繋がるだけでなく、政府が推奨する省エネルギー性能に合致するため、住宅エコポイントなどで導入コストが還元される対象にもなっており、利点が多いという特徴があります。

また、最新機器には、暖房便座のタイマー機能で従来品よりも効率的に便座を温める機能が搭載されていたり、脱臭装置がより高性能になっているため、排泄物の臭いが拡散されない効果や、便器の清掃の手間を省けるように汚れが付きにくい特殊コーキングが施されている製品も存在します。その他にも、自動で便座カバーが開閉して、介護が必要な方の手間や動作を省いたり、電動で便座が昇降し介助をスムーズにできる介護用トイレのラインナップも豊富になっています。

特に介護の現場ではベッドの近くにトイレを設置するニーズが強いため、給水管や排水管が近くになくても設置可能なトイレなども登場しています。トイレ交換時には、最新の高性能な機種を採用して、水道代の節約や掃除の手間を省き、快適でクリーンな生活を送れるようにしてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *