トイレ交換の目安と費用

日常的に使用しているトイレ、時には癒しの場所にもなるので、いつもキレイにして清潔にしておきたい場所の一つです。

毎日の掃除掛けをして床をピカピカに磨き上げていても、どうしようもないないものに便器自体の老朽化があります。経年劣化に加え、使用するたびに開け閉めをする便ふたや便座は、時に乱暴に扱われやすいもので、根本部分にヒビが入ったり折れたりしやすい箇所です。トイレ交換で一番多いのがこの便ふたや便座の交換ですが、これは自分でも無理なくやれる修理なので自分でやってみましょう。

注意するのは便座の大きさで、便座には大型と普通のサイズがあるので寸法をきちんと確かめておきましょう。これまで使っていた普通の便座から、おしり洗浄や脱臭、乾燥などの機能が付いた温水洗浄便座に交換する時は、トイレにコンセントがないとなりません。ない場合は新たにコンセントを設置したり、トイレの照明からコードを引く工事が必要となり、その分の電気工事費が発生しますので予算に注意が必要です。

全ての便器新しいものにするトイレ交換は設置費用などはそれほどではなく、便器や手洗い機、キャビネットなどの機器代がリフォーム費用の多くを占めます。トイレ交換に絡んで床材や壁紙などの内装を新しくするには内装工事や木工事の費用が出てきますが、トイレ交換とその他の工事をそれぞれ別個に行なうよりは割安となるので、一緒に行なう事が経済的に合理性が高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *