機能の進化とトイレ交換

昔からある住宅は和式トイレで長い間いるには体力的にきついものがあったのですが、それを比較すると現在はいすのように座ってできる洋式トイレが一般的になって便利になっています。

特にご高齢者等は用をたすにも介護が必要な場合があり、そのような場合でも被介護者を座らせてできる点が昔よりも非常に便利になっています。また洋式トイレでは座っているだけで自然と肛門が開くようになっているつくりのために、体にも優しい構造になっています。そのために和式トイレから洋式にトイレ交換をする昔の家も多くなっています。

また最近ではその便座自体が温まり冬場でもじっくりと用をたすことができるようになったり、また防臭機能がついたりしているものもあり、洋式トイレでも最新のものにトイレ交換する家庭もあります。日本人の多くの人が病んでいる痔にも優しい温水洗浄機能がついたものもあり、また最近ではトイレ自体が小さい構造になり場所をとらない大きさになっています。

そのために介護等に必要なスペースを確保するために小さいものにトイレ交換をして、介護者も一緒に入れるようにトイレにスペースを確保したり、また至るところも手すり棒を設置して、バリアフリー構造になっているものも多いです。また車椅子の人がスライドするだけで便座に座れるようなものだったりと、家に住む人の生活環境が変わるごとにトイレ交換をして生活しやすいように改修工事などをおこなったりする家も多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *