トイレが壊れたら修理よりトイレ交換がお得

タンク部分が水漏れを起こした、ウオッシュレットが壊れたなど、トイレが壊れると大変不便なものです。

そんな時は業者さんに頼んで修理に来てもらうのですが、修理にかかる代金、部品代を含めて3万円以上かかることが多く結構な費用が掛かります。トイレは10年ほどが寿命年数とされているので、それ以上経っている場合また壊れる可能性があります。トイレ交換にかかる費用は9万円から18万円、タンクレストイレで30万円程度なので、思いっきってトイレ交換する方がお得と言えます。

最近は節水機能がついているものが主流ですから10年使うことを考えれば、水道代が14万円ほど節約になり結果的にはお得といえるのです。手洗い付きのタンクでしたら同じものに交換可能です。また、ウオッシュレットがついていない場合、オプションとして付いている便座を選択できますから、以後、快適な生活を送ることができるようになります。資金に余裕がある方には、タンクレスタイプにトイレ交換することをお勧めします。

これでトイレの中がすっきりとします。さらに、こだわりたい方には、より便利な機能がついている物に変えることができます。「トルネード洗浄機能」もそのひとつで、便器を洗浄するときに水が渦を巻いて流れていくので汚れが付きにくく、掃除するのが楽になります。「自動洗浄機能」がついている場合、立ち上がり便器から離れたことをセンサーが感じ、自動的に水が流れるので、高齢者がいる家庭などで使うと便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *